ルイヴィトン(Louis Vuitton)

Sponsored Link


ルイヴィトンといえば誰もが知る世界的高級ブランドですね。日本人にも絶大な人気を誇り、スーパーブランドのルイヴィトン(Louis Vuitton)の製品を持っていない人でも名前を聞くだけで重厚なイメージが漂います。

男女問わず人気ブランドなのでルイヴィトンの製品を彼氏・彼女から誕生日やクリスマスなどのイベントでプレゼントしてもらうと大変喜ばれ、自分自身へのご褒美としてヴィトン製品を手にされる方が多いです。
高級ブランド製品であるルイヴィトンの今更人に聞けない情報を少しまとめてみました。

ルイヴィトンの財布の種類は多彩なラインナップ

ルイヴィトンの財布はライン(柄)毎に大きく分けて長財布、短財布(折財布)、ジッピーウォレット(ラウンドファスナー)、オーガナイザーといった多彩な種類のラインナップが揃っています。折財布には昔ながらのガマ口型のタイプも揃っています。
長財布と折財布の中間の大きさである、L字ファスナーというタイプもあり、少し前にはコンパクトジップという種類の財布もありました。男女どちらにも人気な長財布にも様々なラインナップがあり、コイン収納がファスナータイプになっているものとホックタイプの2種類が揃っています。

一度は持ってみたいルイヴィトンのバッグ

男性女性どちらにも大変人気ですから一度は財布やバッグなどを持ってみたいとお考えの方は多いですが、財布のみならずバッグもまた豊富な種類で多彩なラインナップを揃えています。
様々なデザインと重厚で気品あふれるルイヴィトンのバッグは世界中の女性の心を掴んで放さないようです。憧れのブランドバッグを所有するということは、ある意味、身も心もシャキッとして清々しい気持ちにもさせてくれるものでしょう。
タイプとして、ハンドバッグタイプの「アルマ」ショルダーバッグタイプの「ハドソン」「ノエ」「サルサ」など、バッグの種類を挙げればきりがないほど多彩です。
そしてライン毎に存在感や雰囲気もガラリと変わって気分転換にもなるでしょうね。

ルイヴィトン社が発表する公式見解だけが正解

昔から問題になっているのがコピー商品問題です。人気が故の宿命なのかもしれませんがルイヴィトンのコピー商品問題はかなり深刻なようで、本物と思っていたのに中古ブランド買取店へ持ち込んだ際、偽物のコピー商品ということが発覚したなんて話を聞くことがあります。
本物のルイヴィトンの商品とキッチリ証明してくれるのは公式のルイヴィトンだけなのです。ルイヴィトンの公式カスタマーだけが発表できることなのです。もし、お持ちのヴィトン製品に「もしかして…」と、疑問をお持ちだとしたら、正規のルイヴィトンショップへ持ち込んで公式に見解を示してもらうほかないのです。

ルイヴィトンの長財布の大きな特徴

ルイヴィトンの長財布は男女共々大人気で、人気の陰りが全く見えません。人気となるその秘密はデザインが同じでも柄(ライン)と色が多彩なラインナップで発表されているところだと思います。
多彩な商品構成の中でも、ザ・ルイヴィトンと呼ばれる「モノグラムライン」「ダミエライン」の長財布が群を抜いてファンから支持されて人気があるようです。どこへ行っても長財布は大人気ですね。

ルイヴィトンのキーケースの知っ得ネタ

ヴィトン製品を購入する場合、まずはバッグや財布といった日常で必要とするアイテムからだと思います。その内違うアイテムが欲しくなり、キーケースのような物まで揃えたくなってしまうのも理解できます。
高級ブランドですから予算的に難しいと思われている方に得する情報として、なんと!販売定価の90%offにてキーケースが購入できてしまうといった裏ワザ的手法があるんです。
その方法とは、オークションで「難あり」「訳あり」といった出品商品を購入するのです。訳あり商品というのは、キーを留める金具(フック・板)等が抜けているものです。極端に安く落札できると思います。
それをルイヴィトンのショップへ持ち込み修理を依頼すればOKです。事前に要確認ですが無料の場合が多いです。

ルイヴィトンの時計はダサい?ダサくない?

私だけかもしれませんが、ルイヴィトンの時計はあまり見かけたことがありません。
色々調べてみると、デザインがダサいとか趣味が悪そうだなんて書かれているのを見かけますが、私自身真逆の考え方でダサいなど全く思っていません。ルイヴィトンの時計の凄さを知らない人たちからするとダサいと感じてしまうのでしょう。
ダサいと思わない理由は、「ラ・ファブリク・デュ・タン・ルイ・ヴィトン」で開発された、タイムゾーン表示機能を実装するエスカルタイムゾーンを筆頭に、個性的で高性能な時計は他社ブランドの追随を許さない精巧な出来栄えだと言えるからです。
それを知っている方だけがヴィトンの時計の素晴らしさを理解できるのでしょうね。

ルイヴィトンベルトをネット通販で買う

本当なら正規直営店で製品を購入したいと思いますが家の近くにショップが無い場合ネット通販といった手段となることは自然な流れだと思います。ヴィトンのベルトを購入しようとしたときネット通販だとどこで購入するのが良いか?
大手ショッピングサイトであるAmazon・ヤフー・楽天などが一番に思い浮かぶでしょう。
しかしながらルイヴィトン正規の公式ショップで購入するのが最大の安全なポイントです。金額的に高いと思うかもしれませんがトラブルや不測の事態のときなど正規ショップで購入する安心感は何物にも代えがたいです。アフターや保証も一番充実しています。

Sponsored Link

ルイヴィトンのマフラーは本当のおしゃれ!

寒い時期に活躍してくれる小粋なアイテムと言えばマフラーではないでしょうか。ルイヴィトンにもマフラーが販売されていてこれもまた大人気となっています。ヴィトンのマフラーという響きだけで何だか暖かくなりそうでおしゃれな雰囲気ですね。
30代40代の男女はこういった冬物のおしゃれアイテムを活用してファッショナブルに装いを広げて欲しいものです。
凍えそうな寒い日こそおしゃれなマフラーを登場させ手袋などと併用して装いパワーを全開にしてください。ヴィトンのマフラーのデザイン性は特筆すべきものがあります。

ルイヴィトンを中古品で買う場合

新品は値段が高くて予算的に手が出せないという方は中古品を探されると思います。
中古品を購入する場合どこで購入されますでしょうか?店舗がない分価格が抑えられるオークション系?リアルに中古ブランドショップ?どちらでしょうか?
どのパターンで購入しても正規品なら何も問題はありませんが、本物かどうか自分で調べるまで正確にはわかりません。
ですから、商品ばかりに目を凝らさず販売している方にも注目しておきましょう。「実績はどうか・実在しているか・過去の取引レビュー状況はどうか」中古品を買う場合の注意点はしっかり見てください。

ルイヴィトンのエピラインとは

人気の製品にエピラインがあります。エピとはフランス語で麦の穂という意味です。表面に細い筋状のデザインとなっていますが麦の穂に見立ててデザインしているということですね。言われてみればエピラインってそんな風な感じでおしゃれですね。

ルイヴィトンの中古品リュックをメンテナンスする

中古品を通販で購入した場合、想像以上に悪いコンディションだったというのは良くある話です。
ヴィトンのバッグだけでなく、リュックやバッグを中古で購入したら独自のセルフメンテナンスをすると良いでしょうね。やり方は実に簡単で特別な道具などいりません。
「レザークリーナー・ガムテープ・レザーワックス」
汚れ落としとしてクリーナーを使い仕上げにレザーワックスをします。これだけでグッと見栄えが変わりレザーに艶が出てきます。リュック内部の埃や小さなゴミなどをガムテープで取れば完璧ですね。

ルイヴィトンのネックレスの値段は高いの?

ヴィトン製品ですからネックレスの値段も高いと思うかもしれませんが、実際は想像した金額よりもはるかに安いと思うでしょう。
ヴィトンのネックレスが高いのかどうかネットで調べてみた結果、4万円程度から10万円程度までヴィトンというネームバリューから想像すると安いと思ってしまったというのが感想です。頑張れば手に届く範囲であるというのは間違いないのかもしれませんね。

ヴィトンには偽物が多いって本当か?

単刀直入にいうと、偽物(コピー商品)が多いというのは間違いないと思います。有名な高級ブランドですからターゲットにされやすいのかもしれませんね。それと、偽物のクォリティーが本当に凄くてリアルにわからない場合が多く、ショップの店員さんでも偽物と見抜けない場合があるそうです。
心配なら、まずは正規のショップで本物か偽物か一度鑑定してもらうのが良いでしょう。偽物を買ってはいけませんよ。

ルイヴィトンの長財布でメンズでかっこいいのはタイガ?

男性用の長財布かっこよさを求めるならタイガラインとなるでしょう。ヴィトン長財布の人気から見るとそう言えるかもしれませんね。他のラインより頭一つ出ているといった感じでしょうか。
メンズライン初のラインナップで登場したのがタイガですからなるほどといった感じです。
最近ではシックなカラーの黒いダミエが人気です。通称、黒ダミエと言われるダミエグラフィットというラインもありますが、若干若者向けといった感じで若者に人気です。
ダミエより少しシブい感じのラインがタイガラインでしょうか。それかブラザかジッピーウォレットがシブめな雰囲気でしょう。参考にしていただければ幸いです。



特定商取引法に基づく表記
Sponsored Link