WhatsAppは欧米で支持され日本ではイマイチなのか?

Sponsored Link

WhatsAppは欧米で支持され日本では支持されていないのだろうか?

同じような物なのにこれだけ差が出ているのは何故だろう?ふとそんな風に考えてしまいました。

日本では多くの人がLINEを使用しています。企業もLINEを使ってユーザー集めをしたりしているのを見るとWhatsAppじゃダメなんだろうなぁと感じてしまう。

以前、FacebookによるWhatsAppの買収がニュースになったこともありましたがWhatsApp使いの私としては非常に関心の高い話題だったと記憶しています。

日本ではWhatsAppがそこまで普及していないため(今でも周りに使っている人がいない)とりあえず私見的な考えを簡単にまとめておきたいと思います。

WhatsApp(ワッツアップ)使い方LINEよりすごいアプリなのか?

欧米でWhtatsAppを使用している人が多い点として要因の一つは、有料のアプリだったからではないかと感じています(初期の頃は有料だった)

ただ、無料アプリと有料アプリを比べた場合、ダウンロードされる数だけで言えば無料アプリに勝てるはずがありませんよね。

ではどうして有料のアプリであるWhatsAppが欧米で人気なのかというと、電話料金の問題が一番の要因だったと考えます。

細かな説明は端折りますが、日本では2011年頃から携帯キャリアをまたいだSMS(テキストメッセージ)の利用が出来なかったと思います。

そして携帯電話でのEメールが結構早くから一般の人々に普及していたことが、SMSをコミュニケーションツールとして普及するにはかなり浸透し辛い状況だったからでしょう。

Sponsored Link

だからSMSの利用方法として相手のEメールアドレスを知らない場合、「ショートメールで送ってちょうだい!」なんて感じで使用していると思います。

つまりはSMSをとりあえずの代用品のような感覚で使っていた。

そして日本とは全く真逆を行く欧米では携帯キャリアをまたいだSMSの利用は早くから可能な状態でした。

こういった条件が重なったことにより、欧米ではEメールよりもSMSが日常のコミュニケーションツールとして普通に使われています。

欧米では日本のSMSと違い送受信に料金が発生する仕組みとなっていて、携帯会社にとって利益の上がるビジネスモデルとなり、~20ドル位まででSMSの使い放題というプランがありました(今でいうところの定額のパケ放題)

当然」SMSユーザーは底を選択してSMSでコミュニケーションをする形となります。

そこに現れたのが低料金のWhatsAppだったのでそりゃ流行るでしょう(笑)

確か1ドル程度の料金でSMSが使い放題。1ドルとパケット代だけ済むのですから利用者が増えるのは凄いサービスになるでしょう。

月額利用料金が1ドルの有料アプリですから安くて便利で最高のコミュニケーションツール間違いありませんよね!

あれもこれも詰め込んだ複雑な無料アプリよりも、有料アプリだからこそ、広告も無くユーザーからも信頼されるアプリケーションだと思います。

現在はダウンロード時の月額利用料金は無料となっていて、2016年度からは永年完全無料となっています。

とにかく不必要な機能を省いたシンプルなアプリケーションツールです。



特定商取引法に基づく表記
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする